HOME メンテナンス メンテナンス[バッグタイプ]

メンテナンス

高級感ある輝きを守るために

普段のお手入れは水洗いでOK。
簡単なお手入れで美しいボディを維持します。

定期的に洗車して下さい

お車は汚れたら洗ってください。放置しますと、最初に汚れた部分に汚れが重なり、取れにくくなります。

ボディに水をかけながら、洗車スポンジや合成セーム等で汚れを洗い流してください。

洗車後は合成セームで水滴を拭き取ってください。水滴を残さないことにより、シミの付着を軽減します。

水洗いやカーシャンプーで落ちない汚れが付着したり、ツルツル感や水弾きが低下した場合は、付属のウォーターメンテナンスクリーナーをご使用ください。また、ピッチ・タール等の頑固な汚れやシミが付着した場合は付属のメンテナンスクリーナーをご使用ください。

洗車機の使用について

納車後1ヶ月以内は洗車機のご使用を避け、手洗い洗車を行ってください。その後はご使用されても結構です。但し布洗車機やノンブラシ洗車機をお勧めします。また、ワックス洗車は水垢付着の原因となる場合がありますので、水洗いコースをおすすめします。

※納車後1ヶ月以内でも汚れた時は、手洗いを行ってください。

濃色車をお選びのお客様へ

濃色車は淡色車に比べ、汚れや酸性雨による雨染みが目立ちますので、雨の後は早めの洗車をおすすめします。時間が無い時は、異物等にご注意いただきながら雨水を拭き取るだけでも効果があります。なお、水道水に含まれる成分等により、酸性雨による影響と同様にシミになる場合がありますので、洗車後は必ず水滴を拭き取ってください。また、洗車傷が目立ちやすくなりますので、手洗い洗車をおすすめします。洗車機を使われる場合は、布洗車機や、ノンブラシ洗車機をご利用ください。

メンテナンスキットに付属のメンテナンスクリーナー等について

ウォーターメンテナンスクリーナー

●水洗いやカーシャンプーで落ちない汚れが付着した場合に
 ご使用ください。

●ツルツル感や水弾きが低下した場合にご使用ください。

使用手順はこちらから(動画でもご覧頂けます)

メンテナンスクリーナー

●ピッチ、タール等の頑固な汚れやシミが付着した場合、
 その部分にご使用ください。

●お車の保管・ご使用状況にもよりますが、年に1~2回、
 洗車後にボディ全体へのご使用をおすすめします。

使用手順はこちらから(動画でもご覧頂けます)

お手入れについてのお知らせ

『外的付着物、その原因と対策』についてのお知らせ

『春のお手入れ(黄砂・花粉)』についてのお知らせ

『夏のお手入れ(雨染み・虫の死骸・鳥糞)』についてのお知らせ

『冬のお手入れ(融雪剤)』についてのお知らせ

Page top

Copyright (c) 2015 CENTRAL AUTOMOTIVE PRODUCTS LTD. All Rights Reserved.